よくある質問

一般

1.1.1.1とは何ですか?

cloudflare.com等のアプリケーションを使用する際にリクエストを送信すると、 ご使用のコンピューターはアプリケーションをロードできるよう、接続先サーバーを把握しておく必要があります。コンピュータは与えられた名前をアドレスに変換する方法を知りませんから、この変換を行うよう専用のサーバーに依頼します。

この専用サーバーがDNS再帰リゾルバです。このリゾルバの仕事は、cloudflare.comであれば2400:cb00:2048:1::c629:d7a2というように与えられた名前に対するアドレスを探し、問い合わせのあったコンピュータにそのアドレスを返すことです。

コンピュータは、特定のDNSリゾルバ(それぞれ一意のIPアドレスで特定)に問い合わせるように構成されています。通常、ご自宅または無線インターネットを使用している場合の設定はISP(ComcastやAT&Tなど)が管理し、オフィスのインターネットで接続している場合の設定はネットワーク管理者がそれぞれ管理しています。設定済みのDNSリゾルバーを変更して、コンピューターがお客様自身に通信するようにも設定できます。

DNSリゾルバはどのような働きをするのですか?

リゾルバは、ドメイン名のアドレスをどのようにして見つけることができるのでしょうか?ドメイン名の最後にあたる、トップレベルドメインから取りかかるのです。

すべてのリゾルバは、ドメイン名の末尾にある目に見えない「.」の見つけ方を知っています(例:cloudflare.com.)。世界中に存在する 何百ものサーバーが 「.」ファイルをホスティングしています。Cloudflare自体は、 ISCとのパートナーシップを通じて、世界中のサーバーでこのファイル をホスティングしています。リゾルバは、それらサーバーのIPアドレスが分かるようにハードコーディングされています。

リゾルバは、チェーンの次のリンクをTLDまたはドメイン末尾のどちらで見つけるべきかをルートサーバーの1つに尋ねます。TLDには例えば.comや.orgがあります。幸いにも、ルートサーバーはすべてのTLDサーバーの場所を保管しているため、DNSリゾルバーが次に尋ねるべきIPアドレスを返すことができます。

次に、リゾルバは、TLDのサーバーに対し、探しているドメインをどこで見つけることができるか尋ねます。たとえば、リゾルバは、.com に対し、cloudflare.com がどこにあるかを尋ねます。TLDは、TLDを使用したあらゆるドメインの場所を保管したファイルをホスティングしています。最終的なIPアドレスが得られると、リゾルバは、問い合わせをしてきたコンピュータにその答えを返します。

情報をホスティングするサーバー(権威DNS)、そして情報を探すサーバー(DNSリゾルバー)からなるこのシステムを総合して、ドメインネームシステム(DNS)と呼びます。DNSは、インターネットのGoogle Mapsのような働きをします。場所の名前を住所に変換することで、目的地に辿り着けるようにします。

1.1.1.1はIPv6に対応していますか?

はい。IPv6に完全対応しています。

1.1.1.1のDNSキャッシュはどのようにしてクリアするのでしょうか?

1.1.1.1のDNSキャッシュは、purge cache tool(キャッシュ消去ツール)を使いドメイン名でリフレッシュすることができます。ドメイン名をドメイン名を入力して、DNSレコードタイプを選択し、「Purge Cache(キャッシュを消去)」ボタンを押します。

1.1.1.1は中国でも使用できますか?

うまくいきません。ご利用のDNを1.1.1.1に向けて設定することはできますが、これが中国国内の当社データセンターの1つに到達することはありません。代わりに、そのリクエストは中国本土以外にある、当社データセンターの1つにルーティングされます。

1.1.1.1の開発者向けの資料はどこにあるのでしょうか?

こちらです。.

モバイルアプリ

モバイルアプリはどのような働きをするのですか?

アプリは、ご利用の携帯電話内でローカルDNSリゾルバーを実行して、このリゾルバーのアドレスにDNSリクエストを送信するよう、ほかのすべてのアプリに依頼します。こうしたDNSリクエストは、ローカルDNSリゾルバーに届いた後で暗号化され、1.1.1.1に送信されます。

1.1.1.1アプリはVPNですか?

いいえ。通常、VPNはネットワークトラフィックのすべてをプロキシ経由にします。1.1.1.1アプリはご利用の携帯電話のDNSトラフィックだけを無効にして保護します。

DNSログとは何ですか?

iOSのDNSログには、ご利用の携帯電話が行うすべてのDNSクエリが含まれています。通常、それらDNS検索クエリは、アプリやモバイルブラウザによって作成されます。

コンソールログはどのような目的のためにあるのでしょうか?

コンソールログの目的は、Cloudflareがお客様の接続をデバッグできるようにすることにあります。

改善の提案はできますか?

当社はお客様からの提案のすべてに目を通しています。アプリの使用中に機器を振ると、改善提案を送信できます。アプリメニューに移動して「Help(ヘルプ)」をタップすることで、フィードバックを送信することもできます。

DNS over TLSとDNS over HTTPSの違いは何でしょうか?

DNS over TLSとDNS over HTTPSのどちらも、機器のDNS検索クエリ(プレーンテキスト)を暗号化します。

DNS over HTTPSはポート443、DNS over TLSはポート853を使用します。ネットワークによっては、これらのポートの一方がブロックされていることがあります。ポート4443がブロックされている場合は、DNS over TLSを使用します。ポート853がブロックされている場合は、DNS over HTTPSを使用します。場合によって、DNS over TLSの方がDNS over HTTPSより早いことがありますし、逆の場合もあります。

バグの報告はできますか?

アプリを使用しているときに機器を振ると、バグ報告を送信できます。バグの報告には、アプリによってスクリーンショットとコンソールログが添付されます。コンソールログは、当社がお客様の接続をデバッグして、アプリの利用環境全体を改善するのに役立ちます。

1.1.1.1アプリを使っていたら、インターネットが動かなくなくなりました。どうすればよいでしょうか?

その場合は、アプリのホームページのトグルボタンを使って、いったんアプリをオフにしてから、オンにし直してみてください。問題がか解決しない場合は、アプリを無効にしてバグ報告をお送りください。

1.1.1.1アプリが「CONNECTING(接続しています)」または「REASSERTING(再確立しています)」で動かなくなります。どうすればよいでしょうか?

この問題はお使いのネットワーク接続が一時的に停止されるか、データ接続によって1.1.1.1の接続がブロックされている場合に発生することがあります。

  • アプリのホームページのトグルを使って、アプリを無効にします。
  • iOSの「設定」アプリを開いて、Settings(設定) > General(一般) > Reset(リセット)を選択します。
  • Reset Network Settings(ネットワーク設定をリセット)をタップします。
  • 機器を再起動して、Wifiに接続することを確認します。
  • アプリの接続を再試行してください。

接続できない場合は、1.1.1.1アプリを無効にして、バグ報告をお送りください。

VPNのインストールダイアログで「OK」をクリックできません。どうすればよいでしょうか?

「OK」ボタンをクリックできない場合は、ダイアログの上に別のアプリがある可能性があります。Lux Brightness、Night Mode、Twilight、FileManagerなど、一部のアプリはこの問題を引き起こすことが分かっています。この問題を回避するには、問題の原因となる可能性があるすべてのアプリを閉じるか、アンインストールします。

アプリを有効にしたままにしていたのですが、しばらくするとオフになります。何が起きたのでしょうか?

機器が自動的にアプリを無効にすることによってバッテリーを管理しようとしています。たとえばHuaweiの機器はメモリおよび電源管理は強力であることが分かっています。

この問題は以下の手順で解決できます。

  • 「Settings(設定)」アプリを開きます。
  • 「Advanced(詳細)」を選択します。
  • 「Battery Manager(バッテリーの管理)」を開きます。
  • 「Protected Apps(アプリの保護)」を開きます。
  • 1.1.1.1アプリに対して「Allow apps to keep running after the screen is turned off(画面オフ後もアプリの実行を許可する)」を選択することができます。

1.1.1.1アプリからの通知が常に表示されます。どうしてでしょうか?

Android 8またはそれ以降の場合、1.1.1.1アプリからは「高速、プライバシー優先のDNS検索モード」という通知がつねに表示されます。

これは、バックグラウンドで動作するすべてのアプリに対してAndroid OS(8.0+)が求めている動作です。

機器の他の重要な通知の邪魔にならないよう当社では通知の優先順位を「低」に設定しています。

この通知を非表示にできる方法が1つあります。ただし、この設定を行うと、1.1.1.1アプリからの他の通知も受信できなくなります。手順は次の通りです。

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「Apps & Notifications(アプリと通知)」を開きます。
  3. アプリのリストから1.1.1.1アプリの設定を開きます。
  4. 「Notifications(通知)」をタップして、無効にします。

1.1.1.1アプリの通知を無効にしましたが、「1.1.1.1 is using battery」という別の通知が表示されます。何か問題があるのでしょうか?どうすれば削除できるでしょうか?

問題ありませんアプリの通知を無効にしたために、Android OSがバッテリーの使用状況に関する別の警告を送信するようになっただけです。アプリは大量のバッテリーを消費していますが、バックグラウンドで動作しており、このおかげでDNS検索クエリのすべてが保護されています。

この通知は、以下の手順で削除できます。

  1. 通知を長押しして、トグルを表示します。
  2. トグルをタップして、グレー表示にします。
  3. 「Done(完了)」を選択して通知を無効にします。

VPNプロファイルを追加できません。どうしたら追加できるでしょうか?

おそらくは、別のVPNを使用していて「Always On(常時オン)」設定を有効にしていることが原因です。そのVPNを無効にして、1.1.1.1を有効にしてください。

そのためのページは、以下の手順で開くことができます。

  1. Settings(設定)
  2. Network and Internet(ネットワークとインターネット)
  3. Advanced(詳細)
  4. VPN
  5. 1.1.1.1のギアボタン
  6. 1.1.1.1の「Always On(常時オン)」